2017年10月11日

年者就業の経済学(太田聰一,2010)④


備忘録

p271
 このような制度(キャリア形成促進助成金に基づく有期実習型訓練や、実践型人材養成システム)には幾つかの複合的な効果がある。まず、企業に対しては、訓練への助成を行って、若年者の採用に伴う経済的なデメリットを抑制することで、経済全体の求人を増やすという効果を期待できる。また、訓練は確実に行われるので、訓練実施企業で採用されなくとも若年者の能力開発となる。とりわけ企業による実習を重視したプログラムは、従来の公的な職業訓練よりも社会で通用するスキルの効率的な習得に役立つ立つものと思われる。

p287
 まず信頼しうるデータを確保することが必要になる。プログラム参加者の様々な属性と、プログラム参加前後の賃金や雇用面の情報は必須のデータといえる。プログラムが成功して就職できたように見えても、雇用の質が悪く、就職後しらばくして離職したりすると、それは成功したプログラムであるとはいいがたい。そうした点を把握するためには、プログラム参加者に対して継続的な調査を実施しなければならない。
 プログラムの対象者と同等の属性を持つ非参加者についても、同様のデータを集めて参加者のデータと比較することで、より正確な分析が可能となる。いずれにせよ、精密な測定を目指すためには、専門家によるアドバイスに基づいた調査票の立案と実施方法の選択が必要となろう。


同じカテゴリー(書籍備忘録)の記事画像
京大公共政策大学院「厚生労働政策」発表資料
非正規雇用のキャリア形成(小杉礼子、原ひろみ,2011)
同じカテゴリー(書籍備忘録)の記事
 「若者のキャリア形成」(OECD編著,2015) (2017-11-22 11:58)
 「実践知」(金井壽宏・楠見孝編著,2012) (2017-11-22 11:37)
 「批判的思考力を育むー学士力と社会人基礎力の基盤形成」(楠見孝、子安増生、道田泰司編,2011) (2017-11-14 23:00)
 「仕事のスキル 自分を活かし、職場を変える」(小口孝司、楠見孝、今井芳昭編著,2009) (2017-11-14 22:29)
 不平等を生み出すもの(レスター・C・サロー著、小池和男・脇坂明訳,1984) (2017-11-09 21:22)
 京大公共政策大学院「厚生労働政策」発表資料 (2017-11-09 21:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。