2018年04月02日

大学院研究論文を東洋経済に取り上げて頂きました!






京都大学公共政策大学院で執筆した、卒業研究論文を、
東洋経済新報(オンライン版)で取り上げて頂きました!!

東洋経済オンラインのページはこちら
私の卒業研究論文はこちら



タイトルは、「非正規労働者に欠けているものとは何なのか」ということで
もしかしたら、非正規労働者をバッシングしているように
受け取られるかもしれませんが、そうではなく、
非正規社員がどうすれば、よりよい人生、キャリアを
歩むことができるのかというものです。
(タイトルは編集者が作成、文章はライターさんが執筆されました)

もしよければ、ぜひ一度、ご覧くださいませ。
宜しくお願い致します。


なお、今回の研究論文のもっとも重要な分析結果は以下のものです。




重回帰分析により、各要素が、影響を与えているのかを
分析したものです。
結果的には、正社員経験は影響を与えており、
非正規社員は与えておらず、
子育てや自治会、PTA活動は影響を与えているということが
わかりました。


情熱を胸にICON179

















同じカテゴリー(情熱(私の思い))の記事画像
「働かされ改革」になっていないか?
「ネコ型人間の時代」と「ティール組織」
「ティール組織」における働き方
個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か?
AIに勝てる人材の可能性(2)
京都大学公共政策大学院を卒業しました!
同じカテゴリー(情熱(私の思い))の記事
 「働かされ改革」になっていないか? (2018-09-27 10:29)
 「ネコ型人間の時代」と「ティール組織」 (2018-08-20 09:51)
 「ティール組織」における働き方 (2018-08-05 08:43)
 個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か? (2018-07-10 15:10)
 AIに勝てる人材の可能性(5) (2018-07-08 13:16)
 AIに勝てる人材の可能性(4) (2018-07-07 12:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。