2018年06月20日

「職場での仕事経験」と「子育て経験」の類似性



「職場での仕事経験」と「子育て経験」に類似性が見られるならば、
育児休暇などで職場を離れる数年間も決して無駄ではなく、
しっかりとキャリア形成につながっているのではないだろうか?!

そんな研究をしています。

2018年03月22日(木)~2018年03月25日(日)に、
マーケットリサーチ会社に委託して、
子どもがいる人500人分のサンプルをランダムに集めました。
その調査データを現在、分析しているところです。

その一つとして、導き出せたのは、子育て経験の中にも、
職場での仕事経験に通じる事柄があるということです。




東京大学の中原淳教授が行う研究で使用された、
能力開発につながる6因子を用いて、
「仕事」と「子育て」、それぞれの因子ごとの相関関係を表したものが上図のものです。


上図から分かることは、

・「業務能力向上」 0.62
・「部門間調整力向上」 0.79
・「視野拡大」 0.51
・「メンタルタフネス向上」 0.69

などが相関値が高く、仕事でも得られるし、子育てでも得られるものであるということです。
「業務能力向上」は第1因子であり、いろいろな要素が組み合わせっていることから
別に考えるとして、「部門間調整力」や「メンタルタフネル」は、子育てでも仕事でも
ともに経験を通じて高められる能力開発因子であるということです。

またここでは紹介しませんが、別に行った重回帰分析では、
「視野拡大」が、ビジネススキル、とりわけマネジャーに必要とされる
「コンセプチュアルスキル」の獲得に有意に影響を与えていることも分かりました。
逆に職場での「視野拡大」は、ビジネススキル獲得と有意な関係ではないことも
明らかになりました。


すなわち、「能力開発」にあっては、
子育てによる「他者(家族や関係者)との調整力」の向上や、
「メンタル耐性」の向上は、職場での仕事経験と共通性・類似性があること、
そして子育てによる「視野拡大」は有意に、コンセプチュアルスキル獲得に
つながっているということです。


育児のために保育所に預けてしっかり働くことでキャリアの断絶を防ぐ
ことも大切な考え方ですが、しっかりと子育てに取り組むことでも
キャリアの断絶を防ぐ事ができるのではないかと思います。
これはあくでも職場の理解あってのことだと思いますが。

また男性の育児・家事参画の意義付けにおいても
大変重要なポイントだと考えます。
つまり子育てにしっかり取り組むことで、
マネジャーに必要とされる素養を磨くことができるということです。


いろいろと調査結果の分析を進めており、
適宜、ブログでも紹介はしていきたいと思います。


                 情熱を胸にICON179









同じカテゴリー(子育てによる実践知獲得)の記事画像
重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(3)
重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(2)
重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(1)
同じカテゴリー(子育てによる実践知獲得)の記事
 重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(3) (2018-07-18 14:14)
 重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(2) (2018-07-15 09:15)
 重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(1) (2018-07-11 15:14)
 子育て(育児)や自治会・PTAなどの社会的活動はビジネススキル獲得につながっているのか? (2018-06-18 17:17)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。