2018年07月10日

個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か?



「働き方改革」。

この政策の目的は、男性も女性も、また高齢者も働きやすい社会環境、
職場環境を推進して、社会保障給付費の上昇を抑えることにあると
言えます。

これまでの男性稼ぎ頭モデルでは、男が外で精一杯働き、女が家で
家事や育児に頑張るというのが一般的でしたが、1985年以後、
こうしたモデルが変わってきました。男女共同参画推進法の影響は
もちろんありますが、婚姻率の低下、晩婚化なども一因にあると
思います。

ともあれ、夫婦共稼ぎモデル、もしくは男女共同活躍が求められる
時代になってきました。

働き方改革とは言え、その内実は「長時間労働の是正」に収斂される
ような気がします。仕事の属人化を改め、また長時間労働せざるを得ない
タスク管理のあり方を見直し、また正規、非正規とも同一労働同一賃金を
行い、働き方に関わらず、誰もが働きやすい環境づくりを
進めようとするものです。

こうした「働き方改革」は、一義的には日本国の財政にとっては
プラスの影響があると思われますが、組織にとっては短期的には
負担になるはずです。しかし生産性を向上させることができたらならば
こうした働き方改革は組織においても、中長期的にはプラスに働くはずです。

対して、個人にとってこの「働き方改革」はプラスになるのでしょうか?

結論から言えば、私はプラスになると考えます。
それは、先のブログ記事にも書いてきたように、これからはどんどん
機械に仕事が置き換えられてくる時代がやってきます。
そうした時代に備えて、人間らしい感性や感覚を磨くために、
仕事以外の様々な社会経験を積み増していくことが、仕事の生産性を
高める為にも大変重要になってくると考えるからです。

早く帰って、家族や自分の時間を増やし、仕事にもつながるような
様々な経験を積み重ねることができるならば、きっと個人は次の激動の
時代においてもパフォーマンスを発揮できると思います。

リンダ・グラットン氏(ロンドンビジネススクール教授)の著書、
『ライフ・シフト』では、これからは個人にとって「リクリエーション」のために
余暇を使うのではなく、「リ・クリエーション」のための学習・経験に、
使わないといけないと述べています。


アマゾン



働き方改革で、仕事時間が減ったとしても、余計に創出できた自分の時間
を無為に過ごしては意味がありません。リカレント教育(生涯学習)が
ようやく日本でもその重要性が認識されてきましたが、やはりAI時代に
備えた感性磨きや、様々な社会活動経験を行うことが、
必要になってくるのだと思います。


 情熱を胸にICON179








同じカテゴリー(情熱(私の思い))の記事画像
「ネコ型人間の時代」と「ティール組織」
「ティール組織」における働き方
AIに勝てる人材の可能性(2)
大学院研究論文を東洋経済に取り上げて頂きました!
京都大学公共政策大学院を卒業しました!
雑誌・特別企画記事
同じカテゴリー(情熱(私の思い))の記事
 「ネコ型人間の時代」と「ティール組織」 (2018-08-20 09:51)
 「ティール組織」における働き方 (2018-08-05 08:43)
 AIに勝てる人材の可能性(5) (2018-07-08 13:16)
 AIに勝てる人材の可能性(4) (2018-07-07 12:13)
 AIに勝てる人材の可能性(3) (2018-07-06 16:02)
 AIに勝てる人材の可能性(2) (2018-07-05 10:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。