2018年07月15日

重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(2)






前記事でも掲載した、「能力向上実感」に対して、「子育て年数」や
「家庭内の役割分担」が、影響を与えているかの分析結果です。

改めて振り返ると、子育て年数は影響を有意に与えておらず、
対して、子育てによりコミットするほど職務能力の向上にも
つながっていると実感している結果でした。


仕事経験が職務能力の向上につながっていることは、
これまでの先行研究の多くで分かっていますし、
私自身が大学院の研究で行った雇用形態別のビジネススキル獲得
に関する研究でも、「正社員としての就労年数」が
スキル向上に有意に影響を与えていることが分かりました。
(非正規社員としての就労には有意な関係性が見られませんでした)
関連するブログ記事


今回、調査を行った同じデータを用いて、仕事による成長実感は
家庭内役割分担や、子育て年数、就労年数は影響を与えているのかを
しらべてみました。



結果は、「仕事による成長実感」には、子育て経験はそんなに有意な
関係が見られないということです。

これも想定通り(仮説通り)で、仕事による成長は、「仕事の質」や、
その人の「挑戦性」や「柔軟性」、「批判的思考力」が影響を与えていると
考えていいでしょう。


ここまで見てきたように、ポスト就職氷河期(1993年以降)の
働くパパママにとって、家庭内でしっかりと子育てに取り組めば取り組むほど
段取り力が上ったり、効率的な仕事の進め方ができたり、
他部門(他者)理解、メンタルタフネスを鍛えることに繋がっていると言えます。

また今後検証が必要な事柄として、
「子育てによる成長実感」を感じている人は、「仕事による成長実感」も
感じていることから、どのように時間を過ごしたいのか、という意識が
能力向上につながっているとも言えるのかもしれません。

何事も、前向きに、主体的に取り組むことが能力向上につながるのだと
思います。余暇も子育てもレクリエーションではなく、「リ・クリエーション」の
意識を持ちながら、過ごしていいきたいと私自身も考えています。


情熱を胸にICON179











同じカテゴリー(子育てによる実践知獲得)の記事画像
子育てはなぜ学び(実践知向上)に必要なのか?
「ティール組織」における働き方
「ワークライフシナジー」の視点から欲求階層理論を再構築する
ワーク・ライフ・シナジー‼‼
重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(3)
重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(1)
同じカテゴリー(子育てによる実践知獲得)の記事
 子育てはなぜ学び(実践知向上)に必要なのか? (2018-08-06 11:10)
 「ティール組織」における働き方 (2018-08-05 08:43)
 「ワークライフシナジー」の視点から欲求階層理論を再構築する (2018-07-26 12:11)
 ワーク・ライフ・シナジー‼‼ (2018-07-24 16:58)
 重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(3) (2018-07-18 14:14)
 重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(1) (2018-07-11 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。