2018年08月20日

「ネコ型人間の時代」と「ティール組織」



 太田肇・同志社大学教授の著書「ネコ型人間の時代」に書かれている
 これからの自律的な社員像と、
 何度か取り上げている「ティール組織」での、働き方、働かせ方には
 かなりの共通点が見られるように考えています。

 太田教授が、ずっと言い続けてきた個人を大切にした組織マネジメントと
 海外輸入の「ティール組織」に共通点が多いことは、
 きっと、人間本来の働き方として、もっとも望まれるものだからだと考える。


アマゾン


ーーー

 まったく別の本だが、最近読んだ本の中に、
 「育児は仕事の役に立つ」というものがあります。


 これまで、子育てはビジネススキルの獲得に寄与する研究では、
 私自身、先駆的な調査活動をしてきたと思っていましたが、
 意外に盲点でした。まさか中原先生も共著者となって、書籍発刊されていたとは。
 
 その内容は、中原教授の先行研究を踏まえ、子育ての4つの見地から
 どのような子育て経験が、どのような能力向上につながっているのかを
 分析したもので、特に「チーム育児」がマネジャーに求められるような
 スキル形成に寄与しているというものでした。

 私の調査研究と重なる部分ももちろんありますが、
 私の調査研究では、仕事と育児のシナジー効果や、
 実践知の形成の観点から進めている点に、少し違いがあるのかなと感じます。
 しかし大変参考にすべき書籍であり、できればアプローチして
 知見を学ばせていただきたいと思っています。

 いずれにせよ、本当の研究者が実証的に「育児の仕事スキル形成」の
 効果に太鼓判を押していることが発見できて、自分の調査研究の方向性が
 間違っていなかったことを再認識できたことは、大変嬉しいです。励みになります。
 
 今後も引き続き、育児等の社会活動がマネジメントスキル(実践知)の形成に
 効果的であることを、考え、そして社会で生かせられるように情報発信していきたいと
 考えています。


情熱を胸にICON179






同じカテゴリー(情熱(私の思い))の記事画像
「働かされ改革」になっていないか?
「ティール組織」における働き方
個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か?
AIに勝てる人材の可能性(2)
大学院研究論文を東洋経済に取り上げて頂きました!
京都大学公共政策大学院を卒業しました!
同じカテゴリー(情熱(私の思い))の記事
 「働かされ改革」になっていないか? (2018-09-27 10:29)
 「ティール組織」における働き方 (2018-08-05 08:43)
 個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か? (2018-07-10 15:10)
 AIに勝てる人材の可能性(5) (2018-07-08 13:16)
 AIに勝てる人材の可能性(4) (2018-07-07 12:13)
 AIに勝てる人材の可能性(3) (2018-07-06 16:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。