2019年01月09日

育児は仕事の役に立つ!



 去年の今頃は大学院卒業に向けて研究論文の総仕上げをしていました。

 あっという間の1年だったように感じます。

 あらためて研究論文を振り返ってみると、

 「育児は仕事スキル形成につながる」というもので、

 ワークライフバランス、ワークアズライフの推進が進められる昨今、

 またパパの育児参加、家事参加が求められてきている中で、

 大変意義深いものだったと自負を持っています。

 ➡ 「雇用形態や子育て・コミュニティ 活動がスキル獲得に与える影響

 

 この論文を執筆した背景には、私自身の雇用・労働問題に対する

 一つの方策を示す目的がありました。

 非正規労働期間が長い人にとっては、とりわけ就職氷河期以後の世代は、

 一度キャリアアップのエスカレーターから降りてしまったら、

 そこから上るのは至難の業で、厳しい階段を上り続けなければなりません。

 そのキャリアの穴埋めをする良い方法がないかと考え続けてきました。

 その一つの結果が、子育てやボランティア経験が、
 
 仕事スキルの向上に寄与するというものでした。

 その仮説を裏付けるために行い、仮説通りに子育てや家事、ボランティア活動は

 仕事スキル向上につながっていることが分かったのでした。

 これからも、就職氷河期以後の世代のキャリア形成のために、

 しっかりと活動に取り組んでいきたいと考えています。





情熱を胸にICON179










※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。