2018年07月18日

重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(3)



最後に「子育てによる成長実感」に関して、
もう一つだけ記事を書いておきます。

それは「子育てによる成長実感」が、
果たして、「ビジネススキル」につながっているのかという問いです。

今度は、実践知として知られる「テクニカルスキル」と
「ヒューマンスキル」、「コンセプチュアルスキル」を従属変数とし、
「子育てによる成長実感6因子」と「仕事による成長実感6因子」を
独立変数として、それぞれ重回帰分析により、有意性を導きました。
(3つのスキルについては、ロバート・カッツ氏によるものです)

その分析結果は下記のモノです。




この分析結果を、前記事で導いた
「子育て経験がどのような成長実感につながっているのか?」と
組みあわせて図式したものが下記のものです。

子育てはビジネススキル獲得につながっているのか



どうやら子育てに関わっている本人が感じる「能力向上要素」と
実際に、実践知の獲得につながっている「能力向上要素」には
若干の相違があるようです。

つまり、自分では認識していない子育てによる能力向上要因が
仕事の現場では役立っていることが多いと言えます。
主なものとして、「部門間調整力の向上」と「視野の拡大」です。

この調査を行う際には、約500名の方々に、
「子育てを通じて獲得できる能力はどのようなものでしょうか」という
記述式の項目も入れています。
その内容を確認しても、「他部署・他者への理解促進」に関連する、
「人への思いやり」や「寛容性」、「新しいアイデア・創造力」や
部門間調整や業務能力向上と関連があるだろう、
「マルチタスクの管理」「柔軟性・臨機応変力」、「時間管理」などが
挙げられています。
(詳細はまたどのタイミングかで別記事にまとめます)


こうした自己認識と、実際には所得向上や出世などに影響を
与えている要素間では、少し違う関係にあると言えます。

しかしながら子育て経験による「視野拡大」や「部門間調整力」は、
有意な関係ではありませんでした。

こうした事柄を踏まえ、まとめるならば、
人によって「視野拡大」や「部門間調整力」に関する能力向上を
実感できるかどうかは、まちまちだと言える(有意ではない)ので、
子育てを通じてビジネススキル獲得を目指すのであれば、
「視野の拡大」や「部門間(他者との)調整力」を磨く意識を
もって取り組むことが、大切な事柄であることが示唆されます。


仕事も家庭も充実させようとする、
これからのワークライフバランスのあり方としては、
両方をシナジーさせるために、
子育てや社会的活動においても、
スキルアップを意識して取り組むことが、
重要であると考えます。


情熱を胸にICON179




  

Posted by 藤井哲也 at 14:14Comments(0)子育てによる実践知獲得

2018年07月15日

重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(2)






前記事でも掲載した、「能力向上実感」に対して、「子育て年数」や
「家庭内の役割分担」が、影響を与えているかの分析結果です。

改めて振り返ると、子育て年数は影響を有意に与えておらず、
対して、子育てによりコミットするほど職務能力の向上にも
つながっていると実感している結果でした。


仕事経験が職務能力の向上につながっていることは、
これまでの先行研究の多くで分かっていますし、
私自身が大学院の研究で行った雇用形態別のビジネススキル獲得
に関する研究でも、「正社員としての就労年数」が
スキル向上に有意に影響を与えていることが分かりました。
(非正規社員としての就労には有意な関係性が見られませんでした)
関連するブログ記事


今回、調査を行った同じデータを用いて、仕事による成長実感は
家庭内役割分担や、子育て年数、就労年数は影響を与えているのかを
しらべてみました。



結果は、「仕事による成長実感」には、子育て経験はそんなに有意な
関係が見られないということです。

これも想定通り(仮説通り)で、仕事による成長は、「仕事の質」や、
その人の「挑戦性」や「柔軟性」、「批判的思考力」が影響を与えていると
考えていいでしょう。


ここまで見てきたように、ポスト就職氷河期(1993年以降)の
働くパパママにとって、家庭内でしっかりと子育てに取り組めば取り組むほど
段取り力が上ったり、効率的な仕事の進め方ができたり、
他部門(他者)理解、メンタルタフネスを鍛えることに繋がっていると言えます。

また今後検証が必要な事柄として、
「子育てによる成長実感」を感じている人は、「仕事による成長実感」も
感じていることから、どのように時間を過ごしたいのか、という意識が
能力向上につながっているとも言えるのかもしれません。

何事も、前向きに、主体的に取り組むことが能力向上につながるのだと
思います。余暇も子育てもレクリエーションではなく、「リ・クリエーション」の
意識を持ちながら、過ごしていいきたいと私自身も考えています。


情熱を胸にICON179









  

Posted by 藤井哲也 at 09:15Comments(0)子育てによる実践知獲得

2018年07月11日

重回帰分析による「子育てによる成長実感」の検証(1)



1部上場マーケティング調査会社に委託して行った、
「子育て経験がどのようなビジネススキル獲得につながっているのか?」
というアンケート調査について、欠損値等を除外して、
502件のサンプルを得ることができました。
アンケート調査期間は、本年3月下旬です。

仕事のスキルを定量化することは永遠の課題ですが、
今回は中原淳先生を中心とした研究チームが、「職場学習論」等で
用いておられる、能力向上に関する因子分析結果に基づいて
まとめられた6つの指標を、使わせて頂きました。

6つの能力開発に関する要素は次の通りです。
●業務能力向上
●他部門理解の促進
●部門間調整能力
●視野拡大
●自己理解の促進
●メンタルタフネスの向上

以上6つの能力開発要素の詳細については、
「職場学習論~仕事の学びを科学する~」(東京大学出版、中原)
をご覧になってください。


アマゾン


【重回帰分析(OLS推定)結果】




従属変数は6つの能力開発因子とし、
独立変数は「子育て年数」と「夫婦間の子育て役割分担」、
統制変数として、「性別」、「批判的思考力」、「仕事による同因子の向上」
のほか、「就労年数」や3つの実践知を設定しました。

ちなみに「子育て年数」については、
1: 0年~2年 (116件)
2: 3年~5年 (132件)
3: 6年~10年 (127件)
4: 11年以上 (127件) というように4ランクに分類しました。

また「夫婦間の子育て役割分担」は、
アンケートで「家族内における子育て分担の割合」を
5段階で聞いたものです。
1が最もアンケート回答者の負担が重たく、5が最も負担が小さい
(1は配偶者などの負担が軽く、5は配偶者等の負担が重たい)
というものです。

また性別が大きく影響しているのではないか、能力開発の実感には
仕事による成長実感も相乗効果として影響しているのではないかと
考え、統制変数に必要と思われるものを加えています。


結果を見ると、「子育て年数(量)」よりも、「子育てに関わる役割(質)」
が、子育てによる成長実感に影響を有意に影響を与えていることが
分かります。

また以外にも性別はあまり関係しませんでした。
そして「批判的思考力」も大きく影響を敢えていることも分かりました。

さらにもう一つ。
仕事で成長実感を持っている人は、子育てでも成長実感を抱いていることです。
つまり、ここらへんはパーソナリティに関わるのかもしれませんが、
「何に対しても前向きに経験を積もう」、「得た経験を活かしていこう」と
考えている人は、結局、仕事であっても、子育てであっても、または
違う職場外の経験であったとしても、それらを成長の材料として
位置付けているのではないかと思われます。

もしくは、「子育て経験」と、「仕事における経験」の相乗効果が
見られるのかもしれません。この点は別の分析を行いたいと思います。


いずれにしても、「子育て年数」はそれほど有意な関係が
見られないということは、漠然と子育てに関わっていたり、
または「家族任せ、配偶者まかせ」にしていれば、結局、
子育てによる成長実感は得られないということです。
これは仕事にも当てはまることで、まさにその通りでしょう。



長くなってきましたので、記事を改めて続きを書いていきます。


情熱を胸にICON179












  

Posted by 藤井哲也 at 15:14Comments(0)子育てによる実践知獲得

2018年07月10日

個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か?



「働き方改革」。

この政策の目的は、男性も女性も、また高齢者も働きやすい社会環境、
職場環境を推進して、社会保障給付費の上昇を抑えることにあると
言えます。

これまでの男性稼ぎ頭モデルでは、男が外で精一杯働き、女が家で
家事や育児に頑張るというのが一般的でしたが、1985年以後、
こうしたモデルが変わってきました。男女共同参画推進法の影響は
もちろんありますが、婚姻率の低下、晩婚化なども一因にあると
思います。

ともあれ、夫婦共稼ぎモデル、もしくは男女共同活躍が求められる
時代になってきました。

働き方改革とは言え、その内実は「長時間労働の是正」に収斂される
ような気がします。仕事の属人化を改め、また長時間労働せざるを得ない
タスク管理のあり方を見直し、また正規、非正規とも同一労働同一賃金を
行い、働き方に関わらず、誰もが働きやすい環境づくりを
進めようとするものです。

こうした「働き方改革」は、一義的には日本国の財政にとっては
プラスの影響があると思われますが、組織にとっては短期的には
負担になるはずです。しかし生産性を向上させることができたらならば
こうした働き方改革は組織においても、中長期的にはプラスに働くはずです。

対して、個人にとってこの「働き方改革」はプラスになるのでしょうか?

結論から言えば、私はプラスになると考えます。
それは、先のブログ記事にも書いてきたように、これからはどんどん
機械に仕事が置き換えられてくる時代がやってきます。
そうした時代に備えて、人間らしい感性や感覚を磨くために、
仕事以外の様々な社会経験を積み増していくことが、仕事の生産性を
高める為にも大変重要になってくると考えるからです。

早く帰って、家族や自分の時間を増やし、仕事にもつながるような
様々な経験を積み重ねることができるならば、きっと個人は次の激動の
時代においてもパフォーマンスを発揮できると思います。

リンダ・グラットン氏(ロンドンビジネススクール教授)の著書、
『ライフ・シフト』では、これからは個人にとって「リクリエーション」のために
余暇を使うのではなく、「リ・クリエーション」のための学習・経験に、
使わないといけないと述べています。


アマゾン



働き方改革で、仕事時間が減ったとしても、余計に創出できた自分の時間
を無為に過ごしては意味がありません。リカレント教育(生涯学習)が
ようやく日本でもその重要性が認識されてきましたが、やはりAI時代に
備えた感性磨きや、様々な社会活動経験を行うことが、
必要になってくるのだと思います。


 情熱を胸にICON179






  

Posted by 藤井哲也 at 15:10Comments(0)情熱(私の思い)

2018年07月08日

AIに勝てる人材の可能性(5)



先の記事で取り上げた井上氏の「人工知能と経済の未来」には
「汎用AI」が普及し始めても当分の間は次の3つの分類の
仕事は残るだろうと考えられています。

・クリエイティビティの仕事: 小説を書く、映画を撮る、発明する等
・マネジメントの仕事: 工場店舗管理、企業経営、人事管理等
・ホスピタリティの仕事: 弁護士、看護師、保育士、インストラクタ等


私もこの考えに共感します。
逆に言えば、これら以外の仕事は、ほぼ淘汰されてしまうといっても
過言ではないかも知れません。少なくとも生活していける基盤を
維持できる収入を得られる仕事ではなくなっていると考えます。
(副業か趣味かといった程度ではないでしょうか)

言語の壁もおそらく超えるはずです。
もうすでに自動即時通訳・翻訳が実現しつつある中で、
日常会話をストレスなく言語間の壁を越えて、コミュニケーションできる
社会は2030年代には訪れるだろうと思います。

失業率はAIの普及に時間が要するとはいえ、いまよりも
確実に増えていくはずですし、貧しい人たちはAIが供給する
コモディティに囲まれて生涯を生きることになるかもしれません。


もしそうした時代に、AIに勝てる人材像を示すならば、
「人間性」「芸術性・感性・美的感覚」を持つ人材であることだと思います。

人の心に快適性や幸福の感情を与える事ができる人、
どのようなことをその人が考えているのかを、周囲の状況などを
踏まえて判断し、人間らしいサービスを提供できる人。
オリジナリティあふれる企画を練れる人、場所やシーンを演出できる人。
またはAIや人間や仕事を管理できる人。

そんな人が、AI時代に勝ち残る人だと考えます。
そしてそうなるため、すべきことは「機械学習できない越境型の経験」
だと提案します。

つまり、仕事だけではなく、趣味や社会的活動、場合によっては
介護や子育てといった仕事以外の経験から、人間の心の機微を
感じ取ったり、類推の幅を広げられたり、または特化型AIに負けないように
分野横断型の知識や経験をして、それらを横断的に活用した創造性を
磨き上げることだと考えます。

仕事のスキルは、AIに置き換えられる、代替可能なものであったとしても
感性などを組み合わせることで、AIには置き換えられない、価値を
創造することができるはずです。

私は大学院で子育てスキルはマネジメントスキル向上に資するという
研究を行い、その仮説が支持される調査研究を進める事ができました。
これは仕事以外の経験が、本業である仕事スキルの向上にも寄与する
ということが明らかになったものです。
そしてその要因も現在分析を進めていますが、「視野の拡大」
「類推による問題解決」が大きな要素であると考えられます。


子どもが勉強をやりたがらない、なぜだろう?(私もそうでしたが…)
部下が仕事にモチベーションがあがらないが、子育て経験から
使える技はないだろうか?

消防団の活動はめんどうだ。でもなぜあんなにみんながんばるんだろう。
硬直型の組織構造の原因を考えることで、自分の職場の
問題改善につなげることはできないだろうか。

今度の休日は、家族で海が見えるところに行きたい。
その場所で新しいビジネスを思い浮かぶかもしれないし、
家族全体のワークライフバランスの充実を通じて、
家族や子どもから、もしくはレストランのウェイターさんから
何かを学ぶかもしれません。


これからのAI第1世代の荒波を超えるために、
働く人に求められることは、「仕事以外の経験を積む」
ということだと考えます。

そして同時に仕事以外の経験を仕事に活かすためには
日常的に、類推の力を養っておく必要があります。
これには自分の様々な経験を内省する機会が重要ですし、
他者からのフィードバックも大切になってきます。

そうした試行錯誤や、実践活動の繰り返しによって
AI時代にあっても、生産性を維持し、豊かな生き方を
実現できるようになると思います。

子ども時代はいろんな経験をしようと考えていたのに
いまはやっていないのであれば、ぜひ今日は違う明日の
スケジュールを考えてみる必要があると思います。
そして得た経験を自分や家族に話しして、
なんらかの会話をすることが重要になってくると思います。


情熱を胸にICON179





  

Posted by 藤井哲也 at 13:16Comments(0)情熱(私の思い)