2017年04月17日

「リテンションの進め方」を寄稿しました!





 早期離職率(学卒入社後3年内離職率)と、有効求人倍率前年度比増減率の相関関係が見られます。
 決定係数は0.3台ですので、それほど高いものではありませんが、離職要因の多くが組織的要因であることを考慮すれば、社会的要因として早期離職率と前年度比の有効求人倍率はそれなりの関係があると言えます。

 この間、いくつかの景気行動指数と早期離職率との相関関係について統計学の観点から検定を行いました。
 予想に反して、日経平均株価や景気CI、当年度有効求人倍率は、統計的に有意ではなかったのですが、調べた中で唯一、「有効求人倍率対前年度比増減率」だけが1%有意のデータでした。

 すなわち、前年度の有効求人倍率と比較して、求人倍率がどの程度増減したのかを示す指標です。
 これは求職者視点に立って、「前年度よりも就職(転職)しやすい」という意識を生むだろうし、実際に転職行動(早期離職行動)を誘発する要素であると考えられます。

 現在、求人倍率は高まっていることから、今後数年間は早期離職率が高まることが想定されます。
 2005年~2007年頃は、「2007年問題」も相まって、若者の確保が重要な人事施策で、その中で「リテンション」の重要性も叫ばれました。そして今、あらためて人事施策における「リテンション」、つまり「人材の定着」の必要性が高まっているように感じます。

◆◆◆

 2006年に初めて人事労務専門誌に「リテンション」について記事を執筆させて頂きました。
 「人事実務」という専門家向けの雑誌です。

 約10年の時を経て、改めて、記事執筆の機会を頂戴することができました。






 「リテンション」について、理論的にもかなり知見を深めてきましたし、約10年の時を経て、様々なコンサルティング事例を重ねてきました。さらに昨年度から大学院に通い、統計学を身に付けたことで、エビデンス(客観的事実)に基づいた調査や施策提言を行うことができるようになってきています。

 引き続き、「リテンション」の分野で頑張り、早期離職を減らして、若者が活躍できる社会に貢献したいと考えています。

情熱を胸にICON179






  

2016年12月27日

本年も一年、誠にありがとうございました!



 2016年・今年も残すところあと僅かとなってきました。
 多くの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

 本年は新たな出会いにより、「滋京奈地域人材育成協議会」の仕事を始めさせて頂くことができ、私が活動する地域(京都・滋賀)において、大学生と地域中小企業のミスマッチゼロに向けた取り組みに参画させて頂けることは大変をするうえで、大きなモチベーションとなっています。
 正直、利益が出る事業ではありませんが、長く採用支援活動や社員教育事業など、企業様の課題ソリューションを行わせて頂いてきた反面、学生や求職者への課題ソリューションは職業紹介事業や職業訓練学校事業を2012年に撤退して以来、関わることができていませんでした。そうした点では、本年は改めて原点回帰の一年になったと思っています。

 思えば就職環境は創業して以来、大きく変わってきました。
 2003年の創業当時は、ITブームに牽引され、雇用は上向きでしたが、2008年頃のリーマンショック以後の不景気で一気に雇用環境は悪化しました。それと同時に非正規労働者も増大し、社会的な貧困問題も注目されるようになりました。創業当時に感じたこの国の未来に対する懸念、「いまの若者がこのまま50歳、60歳になって、貯蓄も年金積立もないまま、引退する時代を迎えたらどうなるのだろうか?」というものに対して、いまなお私としては大きな問題意識を抱えています。この国はいったい、どのように社会保障制度、この国の財政を維持しながら、国民の生活を守ろうとするのでしょうか。

 就職ミスマッチを減らし、早期に職業能力を形成して、社会環境変化に耐えうる適応性を備えて、時代を生き抜く力を若者が育んでいかねばなりません。そしてそのために行政や民間企業はキャリア形成を支援していくべきだと思います。

 今年は会社経営13年目、議員活動6年目の年でした。
 私自身のブラッシュアップをしていく必要性を感じたことから、4月からは京都大学公共政策大学院に通学しながら、仕事を進めています。
 学ぶ事柄としては実務に役立つことが多く、特にビジネスにおいては統計学は大いに今後役立つように感じています。物事を筋立ててエビデンスを持ちながら提案できること、問題の真因をつきとめそのための対策を企画検討することができること、そうした仕事の進め方へモデルチェンジしていきたいと思っています。

 来年も引き続きまして、中小企業の採用活動の成功に向けた支援や、社員教育の企画立案・実施、そして滋京奈地域人材育成協議会の活性化に向けた動きをしていき、議員活動や学業ともバランスをとって、社会貢献に勤めていきたいと思っています。

 引き続きましてのご指導ご鞭撻を宜しくお願いすると共に、日頃お世話になっている皆様方が来たる2017年も健康でより一層ご活躍されることを祈念申し上げます。

 なお株式会社パシオは12月28日~1月5日の間、年末年始休業を頂戴します。
 

情熱を胸にICON179








  

Posted by 藤井哲也 at 11:18Comments(0)情熱(私の思い)

2016年08月23日

「滋京奈地域人材育成協議会」が発足!パシオが事務局をサポート!








この度、「滋京奈地域人材育成協議会」が発足し、事務局(運営:㈱リバース)の
事業パートナーとして、弊社が事業に関わらせて頂くことになりました。

京都産業大学、奈良女子大学、長浜バイオ大学や、龍谷大学、滋賀大学、京都文教大学、
京都学園大学、京都外国語大学、帝塚山大学、天理大学、聖泉大学、そして、
滋賀県立大学、京都府立大学、奈良県立大学が連携し、地域の学生や若者を
育成するためのインターンシップ事業や、各種セミナー事業を展開することになります。

「企業会員」制度があり、会員となって頂いた企業様には、インターンシップを受け入れて
頂いて学生とのコネクションを作るだけではなく、組織活性や評判マネジメントなどの
メリットを享受して頂くことができるようになります。
会費は1年間で12万円(1万円×12か月)です。

個別にご案内をさせて頂くと思いますが、何卒ご検討の程お願いいたします。


情熱を胸にICON179











  

Posted by 藤井哲也 at 01:07Comments(0)情熱(私の思い)

2016年08月01日

第14期が始まって早1か月!



2003年9月に創業し、今年6月30日で第13期が終了し、
14期目に突入しています。
ご存知いただいている方も多いと思いますが、
現在は会社経営以外にいくつかの仕事をしており、
それぞれに全力で取り組んでいるところです。

すべての行動に共通しているのは、「若者の未来のために」という
テーマです。現役世代の幸福追求をしていくことはもちろん大切ですが
次の世代がそのツケを背負わせられるようなことがあってはなりません。

会社経営においては若者のキャリア形成を、政治活動では
雇用環境の改善や働きやすい法整備の実現を、各種活動では
地域の活動の担い手づくりをしています。

今期は、ようやく事業にも再び光が見え始めており、
新しい展開を見込めそうです。
しっかりと信頼を勝ち取り、そして前に進めるようにしていきたいと思います。


情熱を胸にICON179






  

Posted by 藤井哲也 at 21:51Comments(0)情熱(私の思い)

2016年04月13日

会社を辞めたい新入社員の方へ。



私にとっての新しいチャレンジ、大学院での体系的な公共政策に関する学びも、
早1週間が経とうとしています。最初の1週間はガイダンスなどが中心で、
まだ本格的な講義内容までは踏み込まれていませんが、
すでに多くの気付きを得ることができています。

講義中心の大学と違い、少人数(10人~40人)で実践的なケースを扱った
ディスカッションなどが大学院の授業ですので、単に聞いて終わりではなく、
現実的にどのように活用することができるのかであったり、
思考力を鍛えることができたりと、
すぐに仕事にも生かすことができる点で、学び甲斐がすごくあります。




*****

ところで新たに社会に出た(この表現は私はあまり好きではないのですが、
一般的に使われていますのでこのまま使います)新入社員の皆さんにとっても、
激動の1週間だったと思います。

これまでのお金を払って学ぶ立場から、お金を稼いで
(社会や会社に貢献して売上利益を上げる)いかねばならない立場に
大きく変わりました。学生時代にやっていたアルバイトも、
言われたことを理解して卒なくこなせば問題なかったと思うのですが、
社会に出て働き始めるとそれだけでは不十分です。
もしアルバイトと同じような働きをしているようであれば、
いずれ淘汰(リストラや後輩が入ってくる来年度以降、
会社に居づらくなる)されてしまいます。

私も今から遡ること15年前の2001年に大学を卒業して、
人材派遣会社に就職しました。

当初から起業することを胸にしまって働き始めたこともあり、
創業資金や営業経験を積んだ後はさっさと退職して
起業しようと思っていたのですが、入って間もなく、「辞めたい!!」と
思ったことがあります。

正直、口が巧い方だとは言えない私が営業マンとして成績を上位で上げるのは
そんなに簡単でないことは予想していましたが、一番私がストレスに感じたのは、
人間関係でした。特に直属の上司との人間関係はうまくいっていたとは
言い切れない部分がありました。

もちろん、私側に多くの問題があったとは思うのですが、
パワハラチックな指導を受ける中で、精神的に疲れ、
そしてサービス残業を通して「やっているふり」をしていく中で、
体力的にも疲れていき、当時は創業資金を貯めるために
滋賀県大津市の実家から、大阪の南森町まで通っていたので
最初の1か月で本当に疲れ切りました。

午前9時始業の会社であったものの8時過ぎには会社に入って
準備をするルールとなっており、行きの電車内も睡眠時間にあてるため
6時30分頃発の鈍行電車に乗っていきました。帰りは23時20分大阪駅発の
最終電車で帰宅するのが常で帰宅していたのは深夜1時前でした。
そこから夜ご飯を食べて風呂に入り、就寝していたのが2時くらい。
毎日4時間弱の睡眠時間でした。

結局、こうした生活を2年間続けたのですが、
最初の1か月目は本当に堪えました。

精神的、肉体的に疲れ、そして睡眠時間が少なくいつも「ぼーっ」とした頭で
仕事をしていたので、自然と普段の力さえ出せずに、惰性の内に仕事を
こなすことになっていました。

そうした状態から少し改善があったのは、9月の人事異動で上司が
変わったことが大きかったと思います。5月の段階で「やめようかな」と思い、
8月の段階で「もう辞めよう」と思っていたのが、9月の人事異動で
最大のストレス要因だった人間関係に変化があったことで、
「もう少し続けてみよう」という心境の変化に繋がりました。

その後の半年も、相当ハードに仕事をして疲れてはいましたが、
時々、新規案件を受注したり、時には課内で達成率(売上/目標)が
一番になった事もあって、徐々に仕事の面白さにも気づいていくことができました。

20代の前半は長いキャリアを考える上で本当に重要な時期だと私は思います。
失敗が失敗にならないという時期でもありますが、
新たに社会に出るこの時期だからこそ、教えてもらえること、
気づけることがたくさんあります。そうした意味で本当に重要な時期だと思います。
闇雲に仕事をしていたとしても、それはそれで自分の中で
ある日気づくものがあります。私の場合は営業をずっとやっていましたが、
毎日電話で150件近くアプローチし、そのうちの10件でも担当者へ繋がり、
そのうちの2、3件でも訪問アポイントがとれれば良い方でした。

2、3件の訪問アポイントをしたとしても、実際に仕事をもらえるのは
数か月先かもしれませんし、ずっともらえないかもしれません。
確率論的に考えると、1か月で3、4件の受注を頂ける感じなので、
1件の受注を得るためには10件の訪問が必要で、
10件の訪問のためには少なくとも1か月で1千件の電話が必要となります。
あるとき、「なんて非効率なんだろう」と思いました。
「もっと違う方法で受注率、訪問率を上げることができないだろうか・・」と。

個別具体的に書く場でもないので辞めておきますが、
ある手法を用いて私は劇的に訪問率や受注率を高めることができました。
私が「会社を辞めてもいいかな」と思ったのは、そうした気付きを得て、
自分なりの営業スタイルの片鱗が分かってきたことも一つでした。

今から思うと、「辞めたい!」「辞めたいなぁ」という時に辞めてしまっては、
本当にもったいないと思います。どんなにブラックであったとしても
(私がかつていた会社はブラック企業で無かったと私は思っています。
世間からは今でいうブラック企業だと言われていましたが。)、
得ることはたくさんありますし、私は厳しい会社、理不尽が多い会社ほど
学ぶことは多いように思っています。確かに度が過ぎれば問題ですし、
違法行為をしているなどは論外ですが。

辞めていい潮時というのは、感覚的に「もう辞めてもいいかなぁ」と
感じた時だと思います。
そういう感覚になるまではまだ辞めてはもったいないと私は思います。

社会的にみると、正社員で新入社員で働き始めた人が、
3年以内に退職し再就職したとしても、正社員で就職できる人は6割で、
残りの4割は非正規社員です。1年や半年、ましてや2,3か月で辞めた人は、
本人がどう思うかは別として社会一般からは「すぐ辞めたやつ」という
レッテルを貼られてしまいます。キャリアとしても認められず、
学卒でもなければ、ある程度キャリアを積んだ転職者とも見られず、
いわゆる「第二新卒」として扱われることになります。
この分類の就職活動はなかなかハードルが高いと言わざるを得ません。
最近でこそ、若干企業側の理解は改善されてきましたが、
それでも第二新卒の就職活動は学卒などに比べて厳しいのが実情です。

もし仕事を辞めたいと思った場合は、なぜ辞めたいのか、
あらためて自分に問い直し、職場の人事異動で解決できる問題であるならば、
上司や又はその上の上司に相談をしてみることが一番だと思います。
自分でため込み、ある日「辞めたいと思います」と会社に持っていけば、
会社も困惑するし、その時点ではもうどうしようもない状態になっているはずなので、
解決はできないと思います。

いまの時代、上司に求められるのは、部下を支援すること、
育てることが一番の課題になっています。そうしたことから考えても、
まずは上司(又はその上の上司)に相談をすることが大事だと思います。
 
やはり新入社員の方は将来の日本を背負って立つ人材であると共に、
一人一人が自律したキャリアを形成していき、一人一人が幸せな人生、
家庭を築いてほしいと心から願っています。

私が此のブログでこうしたことを書いたとしても、読んで下さる新入社員の人は
ほとんどいないかもしれませんし、社会に与えるインパクトも皆無かもしれません。
しかし、入社して間もないこの時期、すでに辞めたいと思っている
新入社員の方々には、25歳までに学ばねばならないことを自分なりに設定し、
どうすれば今の職場で学ぶことができるのかを考えてほしいと思います。
退職は次の転職先が見つかった時に限定するのがベストであり、
それ以外の境遇であるならば問題を「解決する」のではなく、
自分なりに「管理する」という考えに立って、物事にあたってほしいと思います。

とりとめのない話ですが長くなりました。


            情熱を胸にICON179