2018年08月20日

「ネコ型人間の時代」と「ティール組織」



 太田肇・同志社大学教授の著書「ネコ型人間の時代」に書かれている
 これからの自律的な社員像と、
 何度か取り上げている「ティール組織」での、働き方、働かせ方には
 かなりの共通点が見られるように考えています。

 太田教授が、ずっと言い続けてきた個人を大切にした組織マネジメントと
 海外輸入の「ティール組織」に共通点が多いことは、
 きっと、人間本来の働き方として、もっとも望まれるものだからだと考える。


アマゾン


ーーー

 まったく別の本だが、最近読んだ本の中に、
 「育児は仕事の役に立つ」というものがあります。


 これまで、子育てはビジネススキルの獲得に寄与する研究では、
 私自身、先駆的な調査活動をしてきたと思っていましたが、
 意外に盲点でした。まさか中原先生も共著者となって、書籍発刊されていたとは。
 
 その内容は、中原教授の先行研究を踏まえ、子育ての4つの見地から
 どのような子育て経験が、どのような能力向上につながっているのかを
 分析したもので、特に「チーム育児」がマネジャーに求められるような
 スキル形成に寄与しているというものでした。

 私の調査研究と重なる部分ももちろんありますが、
 私の調査研究では、仕事と育児のシナジー効果や、
 実践知の形成の観点から進めている点に、少し違いがあるのかなと感じます。
 しかし大変参考にすべき書籍であり、できればアプローチして
 知見を学ばせていただきたいと思っています。

 いずれにせよ、本当の研究者が実証的に「育児の仕事スキル形成」の
 効果に太鼓判を押していることが発見できて、自分の調査研究の方向性が
 間違っていなかったことを再認識できたことは、大変嬉しいです。励みになります。
 
 今後も引き続き、育児等の社会活動がマネジメントスキル(実践知)の形成に
 効果的であることを、考え、そして社会で生かせられるように情報発信していきたいと
 考えています。


情熱を胸にICON179




  

Posted by 藤井哲也 at 09:51Comments(0)情熱(私の思い)

2018年08月05日

「ティール組織」における働き方



 先日、「京都流議定書」というイベントに参加してきました。
 京都にあるウエダ本社という会社が主催され、今年で11回目を迎えるイベントです。
 
 今回のテーマは、【「ティール×京都流議定書」の組織・働き方】ということで、
 今話題の「ティール組織」を日本に持ち込んだ第一人者である嘉村賢州氏による
 講演から幕を空けました。(それこそ10年数年ほど前に友人の紹介で当時学生だった
 嘉村氏一度だけお会いしたことがありますが、いまは立派に東京工業大学の
 特任准教授を務められるまでになっています。)







 「ティール組織」そのものの説明については、すでに他のホームページなどで
詳細に記載されているところですので、ここでは超簡単に述べますと、




 「管理マネジメント」主導だった組織のあり方について疑問を感じた学者が
「家族的」な組織のあり方(ワークライフバランス的なもの)が、次の次元に
あるのではないか、そしてその次が「ティール型組織」ではないかというものです。

 この「ティール型組織」は管理を特段行いません。ボス(管理者)もいません。
 上司といわれる人は、メンバーの支援者に過ぎません。
 こういう組織がすでに世界ではあり、そうした事例も広く取り上げられています。

 なぜ「ティール組織」が良いのかといえば、経営者に仕事が楽しいかと聞けば、
 「楽しくない」と答え、一方で、メンバーに対して同様に楽しいか聞けば、
 「楽しくない」と答える。

 これで果たしていいのだろうか?と。
 組織は誰のためのものなのか、そう考えると、管理型組織というものは、
 今の時代に相応しいものではないのじゃないかと考えられました。
 解説はこのくらいにしておきます。


 さてその「ティール型組織」ですが、
 キーワードに「セルフマネジメント」と「全体性(wholeness)」と、
「存続意義」という3つが取り上げられています。


 そもそもそんな自律的な組織にあっては、個々人が高い意識を持ち
セルフマネジメントに取り組まないといけません。
 そして組織としては働く人の全体を大切にすべきだというのです。
 つまり仕事も、趣味も、家庭も、生き方も悩みも、これからの目標も。
 この「全体性」というのが、まさに「ワークライフシナジー」そのものだと
思うのです。

 「ワークライフシナジー」というよりも、
 「ワーク×キャリア×ファミリー×社会貢献=生きがいのシナジー」を、
組織は尊重すべきだというもので、ここにこれからの生き方とティール型
組織との共通項があると考えられます。


 もちろん全ての組織において、ティール組織がふさわしいのか、
またはティール組織足り得るのかといえば、そうとは言えません。
これは先に挙げたこの理論の提唱者の学者も述べています。

 なによりも「セルフマネジメント」なくして、このような働き方も
組織も成立しないというところにポイントがあるかもしれません。

 他者や組織依存ではなく、depend on yourself の精神で
働き、生きていくことこそが、仕事も家庭も、キャリアも、社会活動も
充実し、生きがいを向上させていくことにつながるのだと思います。


情熱を胸にICON179


















  


Posted by 藤井哲也 at 08:43Comments(0)情熱(私の思い)

2018年07月10日

個人にとってなぜ「働き方改革」は必要か?



「働き方改革」。

この政策の目的は、男性も女性も、また高齢者も働きやすい社会環境、
職場環境を推進して、社会保障給付費の上昇を抑えることにあると
言えます。

これまでの男性稼ぎ頭モデルでは、男が外で精一杯働き、女が家で
家事や育児に頑張るというのが一般的でしたが、1985年以後、
こうしたモデルが変わってきました。男女共同参画推進法の影響は
もちろんありますが、婚姻率の低下、晩婚化なども一因にあると
思います。

ともあれ、夫婦共稼ぎモデル、もしくは男女共同活躍が求められる
時代になってきました。

働き方改革とは言え、その内実は「長時間労働の是正」に収斂される
ような気がします。仕事の属人化を改め、また長時間労働せざるを得ない
タスク管理のあり方を見直し、また正規、非正規とも同一労働同一賃金を
行い、働き方に関わらず、誰もが働きやすい環境づくりを
進めようとするものです。

こうした「働き方改革」は、一義的には日本国の財政にとっては
プラスの影響があると思われますが、組織にとっては短期的には
負担になるはずです。しかし生産性を向上させることができたらならば
こうした働き方改革は組織においても、中長期的にはプラスに働くはずです。

対して、個人にとってこの「働き方改革」はプラスになるのでしょうか?

結論から言えば、私はプラスになると考えます。
それは、先のブログ記事にも書いてきたように、これからはどんどん
機械に仕事が置き換えられてくる時代がやってきます。
そうした時代に備えて、人間らしい感性や感覚を磨くために、
仕事以外の様々な社会経験を積み増していくことが、仕事の生産性を
高める為にも大変重要になってくると考えるからです。

早く帰って、家族や自分の時間を増やし、仕事にもつながるような
様々な経験を積み重ねることができるならば、きっと個人は次の激動の
時代においてもパフォーマンスを発揮できると思います。

リンダ・グラットン氏(ロンドンビジネススクール教授)の著書、
『ライフ・シフト』では、これからは個人にとって「リクリエーション」のために
余暇を使うのではなく、「リ・クリエーション」のための学習・経験に、
使わないといけないと述べています。


アマゾン



働き方改革で、仕事時間が減ったとしても、余計に創出できた自分の時間
を無為に過ごしては意味がありません。リカレント教育(生涯学習)が
ようやく日本でもその重要性が認識されてきましたが、やはりAI時代に
備えた感性磨きや、様々な社会活動経験を行うことが、
必要になってくるのだと思います。


 情熱を胸にICON179






  

Posted by 藤井哲也 at 15:10Comments(0)情熱(私の思い)

2018年07月08日

AIに勝てる人材の可能性(5)



先の記事で取り上げた井上氏の「人工知能と経済の未来」には
「汎用AI」が普及し始めても当分の間は次の3つの分類の
仕事は残るだろうと考えられています。

・クリエイティビティの仕事: 小説を書く、映画を撮る、発明する等
・マネジメントの仕事: 工場店舗管理、企業経営、人事管理等
・ホスピタリティの仕事: 弁護士、看護師、保育士、インストラクタ等


私もこの考えに共感します。
逆に言えば、これら以外の仕事は、ほぼ淘汰されてしまうといっても
過言ではないかも知れません。少なくとも生活していける基盤を
維持できる収入を得られる仕事ではなくなっていると考えます。
(副業か趣味かといった程度ではないでしょうか)

言語の壁もおそらく超えるはずです。
もうすでに自動即時通訳・翻訳が実現しつつある中で、
日常会話をストレスなく言語間の壁を越えて、コミュニケーションできる
社会は2030年代には訪れるだろうと思います。

失業率はAIの普及に時間が要するとはいえ、いまよりも
確実に増えていくはずですし、貧しい人たちはAIが供給する
コモディティに囲まれて生涯を生きることになるかもしれません。


もしそうした時代に、AIに勝てる人材像を示すならば、
「人間性」「芸術性・感性・美的感覚」を持つ人材であることだと思います。

人の心に快適性や幸福の感情を与える事ができる人、
どのようなことをその人が考えているのかを、周囲の状況などを
踏まえて判断し、人間らしいサービスを提供できる人。
オリジナリティあふれる企画を練れる人、場所やシーンを演出できる人。
またはAIや人間や仕事を管理できる人。

そんな人が、AI時代に勝ち残る人だと考えます。
そしてそうなるため、すべきことは「機械学習できない越境型の経験」
だと提案します。

つまり、仕事だけではなく、趣味や社会的活動、場合によっては
介護や子育てといった仕事以外の経験から、人間の心の機微を
感じ取ったり、類推の幅を広げられたり、または特化型AIに負けないように
分野横断型の知識や経験をして、それらを横断的に活用した創造性を
磨き上げることだと考えます。

仕事のスキルは、AIに置き換えられる、代替可能なものであったとしても
感性などを組み合わせることで、AIには置き換えられない、価値を
創造することができるはずです。

私は大学院で子育てスキルはマネジメントスキル向上に資するという
研究を行い、その仮説が支持される調査研究を進める事ができました。
これは仕事以外の経験が、本業である仕事スキルの向上にも寄与する
ということが明らかになったものです。
そしてその要因も現在分析を進めていますが、「視野の拡大」
「類推による問題解決」が大きな要素であると考えられます。


子どもが勉強をやりたがらない、なぜだろう?(私もそうでしたが…)
部下が仕事にモチベーションがあがらないが、子育て経験から
使える技はないだろうか?

消防団の活動はめんどうだ。でもなぜあんなにみんながんばるんだろう。
硬直型の組織構造の原因を考えることで、自分の職場の
問題改善につなげることはできないだろうか。

今度の休日は、家族で海が見えるところに行きたい。
その場所で新しいビジネスを思い浮かぶかもしれないし、
家族全体のワークライフバランスの充実を通じて、
家族や子どもから、もしくはレストランのウェイターさんから
何かを学ぶかもしれません。


これからのAI第1世代の荒波を超えるために、
働く人に求められることは、「仕事以外の経験を積む」
ということだと考えます。

そして同時に仕事以外の経験を仕事に活かすためには
日常的に、類推の力を養っておく必要があります。
これには自分の様々な経験を内省する機会が重要ですし、
他者からのフィードバックも大切になってきます。

そうした試行錯誤や、実践活動の繰り返しによって
AI時代にあっても、生産性を維持し、豊かな生き方を
実現できるようになると思います。

子ども時代はいろんな経験をしようと考えていたのに
いまはやっていないのであれば、ぜひ今日は違う明日の
スケジュールを考えてみる必要があると思います。
そして得た経験を自分や家族に話しして、
なんらかの会話をすることが重要になってくると思います。


情熱を胸にICON179





  

Posted by 藤井哲也 at 13:16Comments(0)情熱(私の思い)

2018年07月07日

AIに勝てる人材の可能性(4)



「消費」は主に人間で行うものである以上、それほど変動は
ないと考えられます。
 
「生産」は単純労働や機械学習によって行える事柄は
ほとんどがAIにとって代わられるはずです。
単純労働の中には、税理士などが行う入力作業も
含まれるでしょうし、コンビニやスーパーのレジも含まれる
はずです。

オックスフォード大学のオズボーン教授による「雇用の未来」
という著書は、今後20年程度でなくなる職種が示されたこと
で有名ですが、その中には、レジ係(97%)、コック(96%)
受付係(96%)、弁護士助手(94%)、ホテルフロント(94%)
ウェイター(94%)、会計士(94%)、保険販売代理員(92%)
バス運転手(89%)、警備員(84%)、理髪師(80%)、
皿洗い(77%)などの職種が高い確率で消滅するだろうと
しています。

これは笑い事でも戯言でもなく、私自身も実際にそう感じます。
おそらく機械学習で行える上記仕事の多くはなくなるはずです。

単純作業や機械学習によって支えられる仕事の大半は、
AIが担う事ができるようになるなら、生産性は飛躍的に高く
なるはずです。つまり安いコストで、商品やサービスを提供できる
ようになるからです。そうした商品やサービスの「価値」は
相対的に低くなる(廉価)はずです。
逆に、相対的に価値が高まるのは、AIができないような
生産活動によって生み出される商品やサービスであるはずです。

これはある意味、豊かさの格差の助長を生み出します。
お金を持たない人は、AIが提供するサービスを利用し、
お金を持つ人は、AIが提供できないような感性豊かで
人間らしいサービスを享受することができると言えます。
機械的な世界で生きる人たちと、感性豊かな世界で生きる人たち
との間に格差が生まれるのではないでしょうか。
これは「幸福の格差」といってもいいかもしれません。

味気ないコモデティの中で過ごす生活と、人間性を感じられる
オリジナリティの中で過ごす生活では、その生き甲斐に大きな
格差が生じるような気がします。
そしてその格差は、ピケティがいうように、資産課税が進められ
ない限り、広がる一方であると思われます。
それは、汎用AIによって仕事が奪われる労働者の人にとっては、
逆転不可能な時代の到来になってしまうかもしれません。
1990年代前半にパソコンやインターネットへ順応できず、
職場を去らざるを得なかった(リストラされた)おっさんらの
二の舞が、再び起こり得るのだと思います。


いずれにしても、2030年といえば、もう、たった10年先のことです。
今から10年少し前といえば、2006年、2007年のリーマンショックの
時代ですが、あっという間に、そうした時代が来ると言えます。
仕事の能力や、子どもの教育においても、いまから十分に備えておく
必要があると考えます。

今からどのようなことに取り組むべきなのでしょうか。
私自身が最もお伝えしたかったことを最後にまとめたいと思います。


情熱を胸にICON179



  

Posted by 藤井哲也 at 12:13Comments(0)情熱(私の思い)