2018年04月02日

大学院研究論文を東洋経済に取り上げて頂きました!






京都大学公共政策大学院で執筆した、卒業研究論文を、
東洋経済新報(オンライン版)で取り上げて頂きました!!

東洋経済オンラインのページはこちら
私の卒業研究論文はこちら



タイトルは、「非正規労働者に欠けているものとは何なのか」ということで
もしかしたら、非正規労働者をバッシングしているように
受け取られるかもしれませんが、そうではなく、
非正規社員がどうすれば、よりよい人生、キャリアを
歩むことができるのかというものです。
(タイトルは編集者が作成、文章はライターさんが執筆されました)

もしよければ、ぜひ一度、ご覧くださいませ。
宜しくお願い致します。


なお、今回の研究論文のもっとも重要な分析結果は以下のものです。




重回帰分析により、各要素が、影響を与えているのかを
分析したものです。
結果的には、正社員経験は影響を与えており、
非正規社員は与えておらず、
子育てや自治会、PTA活動は影響を与えているということが
わかりました。


情熱を胸にICON179














  


Posted by 藤井哲也 at 19:00Comments(0)情熱(私の思い)

2018年04月01日

京都大学公共政策大学院を卒業しました!


 






京都大学公共政策大学院を卒業しました
会社経営と議員活動と両立しながらは結構大変でしたが、
卒業できたのも、普段からお世話になっている皆様のおかげです。
ありがとうございます。

2年間の学びの中で、データ分析力やロジカルシンキング、
クリティカルシンキング等を大きく高める事ができ、
雇用対策を中心に公共政策に普段関わる者として、
得られた知見を今後仕事に生かしていかねばならないと、
思いを新たにしています。

研究論文として取り組んだのは、やはり雇用問題。
非正規労働者にとって、どのような活動をすれば、
キャリアアップにつながるのかを研究しました。

前提として研究した、正規社員と非正規社員の間には、
就労を通じて得られる経験の質の差、能力形成の質の差が
あることが分かりました。

その上で、どうすればいいのかを考えて、ひとつの仮説として
分析対象としたのが、「子育て」や「自治会・PTA活動」です。

仕事以外の社会経験は、キャリア論の中では一般的に除外されて
います。つまり仕事で役立つ能力は、仕事(特にOJT)を通じて主に
形成されるという考えです。これが一般的な考えです。

しかしながら、そうではないのではないか??
実際に私自身も子育てや、地域活動を通じて、様々な経験を積むことが
できており、それが仕事にもつかえるのではないかと考えるように
なってきました。

もしこの仮説が正しいのであれば、産休・育休で女性のキャリアは中断する
のではなく、新たな能力形成につながる絶好の機会として捉えられるのでは
ないか、自治会やPTA活動は、生産性がないから、そんなのをやるくらい
なら仕事に没頭したいという通説に対して、そうではないということが
言えるようになると考えます。

研究論文はネット上にアップしています。(こちら


これからは、こうした研究活動も並行して行っていき、
「子育て」や「自治会・PTA活動」が、ビジネススキルの獲得に
つながっていることを、実証していくことにも
取り組んでいこうと考えています。


情熱を胸にICON179










  


Posted by 藤井哲也 at 13:35Comments(0)情熱(私の思い)

2018年01月22日

雑誌・特別企画記事





雑誌「食品商業」の新年2月号。
特別企画記事を執筆させて頂きました。

スーパーマーケット企業のとるべき採用、育成、定着の正攻法について。古典的理論、最新理論と、現場での経験を踏まえての8千文字の内容です。

もし見かけられましたら、ぜひ手にとってご覧頂けましたら、幸いです。求人難が続きます。いろいろとお仕事の相談を頂戴することが増えています。  

Posted by 藤井哲也 at 18:45Comments(0)情熱(私の思い)

2016年12月27日

本年も一年、誠にありがとうございました!



 2016年・今年も残すところあと僅かとなってきました。
 多くの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

 本年は新たな出会いにより、「滋京奈地域人材育成協議会」の仕事を始めさせて頂くことができ、私が活動する地域(京都・滋賀)において、大学生と地域中小企業のミスマッチゼロに向けた取り組みに参画させて頂けることは大変をするうえで、大きなモチベーションとなっています。
 正直、利益が出る事業ではありませんが、長く採用支援活動や社員教育事業など、企業様の課題ソリューションを行わせて頂いてきた反面、学生や求職者への課題ソリューションは職業紹介事業や職業訓練学校事業を2012年に撤退して以来、関わることができていませんでした。そうした点では、本年は改めて原点回帰の一年になったと思っています。

 思えば就職環境は創業して以来、大きく変わってきました。
 2003年の創業当時は、ITブームに牽引され、雇用は上向きでしたが、2008年頃のリーマンショック以後の不景気で一気に雇用環境は悪化しました。それと同時に非正規労働者も増大し、社会的な貧困問題も注目されるようになりました。創業当時に感じたこの国の未来に対する懸念、「いまの若者がこのまま50歳、60歳になって、貯蓄も年金積立もないまま、引退する時代を迎えたらどうなるのだろうか?」というものに対して、いまなお私としては大きな問題意識を抱えています。この国はいったい、どのように社会保障制度、この国の財政を維持しながら、国民の生活を守ろうとするのでしょうか。

 就職ミスマッチを減らし、早期に職業能力を形成して、社会環境変化に耐えうる適応性を備えて、時代を生き抜く力を若者が育んでいかねばなりません。そしてそのために行政や民間企業はキャリア形成を支援していくべきだと思います。

 今年は会社経営13年目、議員活動6年目の年でした。
 私自身のブラッシュアップをしていく必要性を感じたことから、4月からは京都大学公共政策大学院に通学しながら、仕事を進めています。
 学ぶ事柄としては実務に役立つことが多く、特にビジネスにおいては統計学は大いに今後役立つように感じています。物事を筋立ててエビデンスを持ちながら提案できること、問題の真因をつきとめそのための対策を企画検討することができること、そうした仕事の進め方へモデルチェンジしていきたいと思っています。

 来年も引き続きまして、中小企業の採用活動の成功に向けた支援や、社員教育の企画立案・実施、そして滋京奈地域人材育成協議会の活性化に向けた動きをしていき、議員活動や学業ともバランスをとって、社会貢献に勤めていきたいと思っています。

 引き続きましてのご指導ご鞭撻を宜しくお願いすると共に、日頃お世話になっている皆様方が来たる2017年も健康でより一層ご活躍されることを祈念申し上げます。

 なお株式会社パシオは12月28日~1月5日の間、年末年始休業を頂戴します。
 

情熱を胸にICON179








  

Posted by 藤井哲也 at 11:18Comments(0)情熱(私の思い)

2016年08月23日

「滋京奈地域人材育成協議会」が発足!パシオが事務局をサポート!








この度、「滋京奈地域人材育成協議会」が発足し、事務局(運営:㈱リバース)の
事業パートナーとして、弊社が事業に関わらせて頂くことになりました。

京都産業大学、奈良女子大学、長浜バイオ大学や、龍谷大学、滋賀大学、京都文教大学、
京都学園大学、京都外国語大学、帝塚山大学、天理大学、聖泉大学、そして、
滋賀県立大学、京都府立大学、奈良県立大学が連携し、地域の学生や若者を
育成するためのインターンシップ事業や、各種セミナー事業を展開することになります。

「企業会員」制度があり、会員となって頂いた企業様には、インターンシップを受け入れて
頂いて学生とのコネクションを作るだけではなく、組織活性や評判マネジメントなどの
メリットを享受して頂くことができるようになります。
会費は1年間で12万円(1万円×12か月)です。

個別にご案内をさせて頂くと思いますが、何卒ご検討の程お願いいたします。


情熱を胸にICON179











  

Posted by 藤井哲也 at 01:07Comments(0)情熱(私の思い)